#ケアンズ大好き 今更ですがインスタグラムを始めました。

  2018/08/08  スローライフ日記

写真が気になるというブログを書きました。

写真は生き方が現れる。大切なのは感謝と日々の生活。〜カメラマン須田誠氏のことば。

 

そのすぐ後に、ケアンズ観光局さんから、インスタグラムによるプロモーション会議へのお誘いがあり、インスタ問題?が浮上。(やったことないから)

同じときに、インスタやったらいいんじゃないですか?と数人から言われて、アカウントを作ることにしました。

Facebookすら使いこなしていない私にはハードルが高かった。「あれ?既にアカウントありますよ」と言われ(なぜかフォロワー70人・投稿0)、ダブルで登録しちゃったんです。要らない方を消せなくて、数時間かかりました。。

正直この段階で嫌になったんですが(笑)、何とか設定できたので、iPhoneに入っていた写真をアップしてみました。

ブログはストーリーに合わせて写真を使うので、結構、眠っている写真があるんです。今後はそういった写真はインスタグラムにアップしようと思いますので、良かったらフォローお願いします!

https://www.instagram.com/murphykeiko/

 

こちらは鳥のさえずりをシェアしたいと思って撮った動画。ブログに貼ろうとするとなかなか大変ですが、インスタは楽でした。すごいですね。

 

それにしても、カメラを触り出したらこの流れがくるとは面白いです。先月までは思いもしなかったインスタデビュー(笑)。ケアンズの風景や、お店の様子や、ちょっとした日常の1コマなどをアップしていきますね。

 

ケアンズ観光局は、9月から日本マーケット向けのインスタアカウントが開始予定なんだそう。「ケアンズを盛り上げるための共通のハッシュタグを使って行きましょう!」とご提案がありました。

 


提案されたハッシュタグは

#ケアンズ大好き
#グレートバリアリーフ
#ケアンズカフェ
#ケアンズ
#ケアンズハネムーン
#オーストラリアハネムーン
#パームコーブビーチ
#ポートダグラス
#アサートン高原
#マリーバ

多くの画像を収集、拡散したい」とのことなので、該当する写真や動画を投稿される方はぜひ使いましょう!

 

ケアンズが大好きなアンバサターも2年で100人以上募る予定とのこと。人数を増やすより「濃いファンを増やす」という方針、賛成です。

 

 

会議では、日本マーケット担当のSAMさんによる日本人観光客の方の動向のお話もありました。

ケアンズは、「ガイドの質は世界一だと思います!」とがおっしゃっていました。称賛の声が多く、それがリピーターさんが増えることにつながっているようです。

「現地の体制が素晴らしい」と言われていると聞き、心の中で拍手。

今回集まっていた、ケアンズの観光業を引っ張るリーダーの方々の貢献もとても大きいと思います。

終わった後、少しだけ立ち話したのですが、ワーキングホリデーの同期だった方も何人かいて(何と30年前!)、皆さん重要なポジションに就いていらっしゃいます。(私、情報誌の仕事を止めて以来、ビジネスの横のつながりから疎遠になってるな。。)

 

この1年の日本からの観光の方は、11万1000人という統計でした。

他のデスティネーションと比べて多いとは言えない数字だけれど、これからケアンズは益々、濃いお客様が来るようになると思います。

昔よく言われた 安近短 でなくて、「行きたいから行く!」っていう。

ケアンズの良さは、私もブログで細々と書いていますが、やっぱり「人」の力は大きい。

個人メディアの台頭で、マスメディアの情報よりリアルな空気が伝わりやすくなった今。

心地よい滞在をしていただけるように、今目の前にいるお客様を大切にすることが、本当に重要になっています。

 

作り上げられたイメージ < 生の感動が生み出す波及。

すごく真っ当でワクワクする時代になりましたよね。

 

私がお届けする旅は不定期ではありますが、素晴らしいと感じる直感を信じて、大切にやっていきたいと思います。ケアンズが気になる方、インスタで#ケアンズ大好き チェックしてくださいね。

 

 

スローライフ日記

無料プレゼント♥
自分らしさを100% 発揮して 周りに貢献し、幸せを循環させる
"魂が喜ぶ働き"を見つけるワークブック

・天命、天職という言葉が気になる方
・情熱や生きがいを持って働きたい方
・自分の本領を発揮して喜ばれるには、どこに向かって何をすればいいのか知りたい方へ。
個性重視のオーストラリアで、20年以上自分に向き合って働く中で大切にしてきた考え方や、問いをまとめました。

無料ダウンロードする

マーフィー恵子


オーストラリア・ケアンズに93年から暮らす。95年に現地情報誌を創刊、編集長を経て現在は「本当の自分を知り、生きる」を主テーマにセレクトショップ、セッション、旅、学びの場などを展開中。
● 詳しいプロフィール