崇高なコンセプトと植物の力を最大限に引き出す製品づくり。地球人として守るべきものを思い出させてくれる レアアースオイルズ

植物の力と、人智と、作り手の真っすぐな生き方が重なった素晴らしい製品〜レアアースオイルズ。

今日は、オーストラリアのブッシュや大地の香りを思わせるこのケアンズ産のブランドについてご紹介します。

レアアースオイルズのコンセプト

先住民アボリジニの間に代々伝わる、自然をリスペクトした考え方に基づいて作られる商品の売上は、なんと100%チャリティ。

オーナーのラームとメルーカは、10年以上、NPOで僻地に赴いてアボリジニの言葉を保存する活動をしてきました。

「政府の援助に頼ることに限界を感じた。サステイナブルな活動をするには、自分たちで資金を作るのが一番いいと考えて、ブランドを作ったんだ」とラーム。

自分たちで設立した基金での活動資金を作るために立ち上げたビジネス。それがレアアースオイルズです。

そう、お2人は社会起業家なのです。

アボリジニ文化保護活動の内容は、2人のメディア&グラフィックというバックグラウンドスキルを生かしたもので、失われつつある物語を映像に収めたり、若者にオーディオの使い方を教えたりと様々。

「200年前は、オーストラリアでは250のアボリジニ語が話されていた。それが今では145言語だ。そのうち110は無くなる恐れがあると言われてる。
言葉は、文化を映し出す重要なもの。保存しなくてはいけないと思う。人ごとじゃない。」

 

情熱と行動力とセンスにあふれるレアアースオイルのオーナー、ラーム。

 

地球に生きる人間として大切なもの。

それに気づいてしまった人は、私利私欲を超えてしまう。見えているのは、きっと何世代も先の世界。

守りたいものに向かって、まっしぐらに勇気と行動力を持って進んでいく。

注目を浴びようとする訳でも、自分たちの活動を誇示する訳でもなく、淡々とやるべきことをやる。

口だけでなく、行動が伴っていて、暮らしも考え方も、人との接し方も。。全てがアーシー

(一緒にいた時、アボリジニの子ども達が礼儀正しくあいさつしたり、じゃれてきたり。人が寄って来る大きなオーラを感じる方です。)

私たちは皆、地球人だということを思い出させてくれる彼等を、私は心から尊敬しています。

 

レアアースオイルズのコーナー、パウチの小さな店内ですごい存在感を放ってます!ラックも手作りなのですが、粗野な感じがブランドイメージ「Harvest from Wild」とピッタリ。

 

レアアースオイルの商品に惹かれたのは、そんな活動を知る前だったんだけど。。

確かどこかのポップアップショップで見かけて、一瞬でその世界観に惹かれ、自分で買ってみて。その後何年かしてふとご縁ができ、昨年からパウチで取り扱わせていただくことになりました。

ご自分たちのフラッグショップやマーケット以外で扱っている店は、ケアンズでは現在(なぜだか)うちと植物園内のお店だけ。商品力の高さが評判となり、大手から卸してほしいという声が多いにも関わらず、断っているそうです。

 

レアアースオイルズの製品

自社でボトリングしている最高級の精油

ラベンダーやローズゼラニウムやスイートオレンジなど、おなじみの香りが多いです)

ケアンズから150kmほど奥地のブッシュから採れたユーカリの精油x3種類

10mlのオイルを取るのに、アイロンバーク(ユーカリの一種)だとその葉、約50kgが必要なのだそう。「安い精油だったら、10mlビンのオイルを採るのに10kgくらいしか使っていないと思うよ」とラーム。

その葉を集めるために、冬の間、何度かブッシュに何日もこもり、祈りを捧げてから夜明け前に、コツコツと人の手で摘み取るのです。

朝摘み一番搾りのとっても貴重なオイル。

どれだけ貴重か記事にしたので、良かったら↓

ケアンズ奥地のブッシュの恵み。植物の生命力を最大限に引き出したユーカリオイル

 

ピュア・オーガニック・自然由来の材料だけを使ったバーム

(筋肉痛/皮膚の治癒/せき/あざ/リップバーム)

ケアンズ奥地のブッシュから採集して作るユーカリの精油は、医療的に、とてもハイグレード。バームにはそのユーカリも配合されています。他の材料もかなりのこだわり。

オーガニックスキンケア商品

(クレンジング/乳液)最近発売となりました!

 

流行りの「オーガニック」なんて言葉でくくるのは憚ってしまう…どれも植物のパワーを体感でき、重みがある製品たち。

質の高さは、リピート買いするお客様が多いことからもよくわかります。

スタイリッシュなパッケージのデザインは、オーナーであり、グラフィックデザイナーでもあるメルーカの作。残念なパッケージが多い、田舎ケアンズの商品の中では群を抜いています。箱を開けると、商品の説明が書いてあるんですよ。

でも、素晴らしいのは外見の美しさだけでなく、その中身。パッケージでごまかすような小細工は一切ないんです。

 

レアアースオイルズの製品は、こんな風に作られています

さて。レアアースオイルズの製品は、どんな所でどんな風に生まれるのでしょう。先日作業場を訪ねました。

キュランダから少し車を走らせた、なだらかな丘に佇む建物。温かく迎えていただき、2階のバルコニーに進むと、わお!と思わず口をついて出てしまう絶景が広がっていました。

見渡す限りの熱帯雨林。こんなに深い緑を毎日眺めていたら、余計なことは考えなくなりそう。何だか、自分が森に溶け込んでなくなってしまいそうな感覚になります。

緑を眺めつつ、最近始まったコスメラインの話や、地元キュランダで採れるカフィルライムの精油のお話などを伺い、下の作業場へ。

 

「昨日の朝焼けがすごかったから思わず撮ったんだ」と見せていただいた写真。幻想的です。

 

レアアースオイルズの製品は、ブッシュフラワーエッセンスの創設者として名高いイアン・ホワイト氏との共著もあり、60年の経験から植物を知り尽くすハーバリストさんがレシピを作り、材料は世界中の一流のものを選りすぐるという、徹底したプロ精神が反映されています。

西洋と中国とアーユルヴェーダと。最新技術と太古から伝わる技法と。更に薬草に精油やアロマセラピー、すべての良さを融合させたバーム

どれもが、真剣に健康を考えて、妥協のない姿勢で作られています。

「レアアースオイルズの製品には、ピュア・オーガニック・自然由来の材料しか使わない。」

また、できる限りオーストラリアのファーマー達から買い付けるようにしており、ベースになるオイルやワックスは、全部オーストラリア産だそう。

 

可愛い娘さん♥

 

製品の薬効を最大限に引き出すため、レアアースオイルズでは、ハーブのエキスも全て手作りされています!

初めて知ったのですが、エキスは、ドライハーブをオイルに浸して作られるのですね。

しかも、6〜12ヶ月間漬け込むというから驚きです!

 

漬け込むオイルにはアボガドオイルとオリーブオイルが使われています。

アボガドオイルはビタミンやミネラルが豊富で、昔からおむつかぶれや湿疹、乾癬、皮膚炎、発疹の治癒に使われて来ました。乾燥肌や気候によるダメージを受けた肌、年齢を経た肌のパーフェクトな保湿となります。

オリーブオイルは、肌を蘇らせたり、一般的な肌のトラブルの対処に何とローマ時代から使われてきたオイル。アンチエイジング効果があるビタミンEやAや、抗炎症作用と抗酸化作用を持つモノ不飽和脂肪酸(天然の有機化合物)も含まれていてとてもパワフルとのこと。

 

そんな貴重なエキスを、メルーカが見せてくれました。

「これは、ドラゴンズブラッド。自然の色だけど綺麗でしょう。肌にハリをもたらしてくれるのよ」

ルビーのように美しい色をしています。

(アンジェリーナ・ジョリーが美肌のために使っているという記事も発見。コラーゲンの生成を促進し、細胞の新陳代謝を促したるみを抑制する力があるそうです)

 

「これはSt.Johns Wort。なかなかいい質のものがなくて、世界中を探したら、トルコにあったの!私たちみたいに自然の中から採集されているワイルドハーベストものが。」

最高級の材料を探すのに、労を惜しまない姿勢が素晴らしい。

 

セントジョーンズワートは米国ではサンシャインサプリメントとよばれ、No1の売上を上げています。軽度から中度のうつ病や、更年期障害,自律神経失調症,不安神経症などに効果があります。

ストレスの緩和,ダイエット時のイライラ感などにも高い効果をあげています。

ハーブの先進国ドイツでは患者が「イライラする,ストレスを感じる,体がだるい,やる気が起きない」など軽いうつ症状を示したとき処方されるのがセントジョーンズワートです。1年間に医師により300万通もの処方箋が書かれています。

サプリメントラボHPより引用

 

「これは、古くからスキンケアに使われてきたカレンデュラ。マリーゴールドのお花からできているのよ。コラーゲンの生成を促進させたり、肌を一段上のレベルに引き上げてくれるようなパワフルなハーブ

香りはなくて、マリーゴールドを思わせる黄金色をしていました。

カレンデュラ(キンセンカ)の主な効果/効能/作用

・日焼けや皮膚の炎症を抑える(カロチンによる皮膚再生作用があるため)
・生理痛を抑える(エストロゲンに似た働きを持つため)
・月経不順や更年期障害を防ぐ(エストロゲンに似た働きを持つため)
・風邪を早く治す(発刊・解熱作用があるため)

こうした働きのほか、カレンデュラには収斂作用があるため出血を抑える働きや、消化機能を高める働きなどがあるのです。

美貌録HPより引用

 

。。それにしても、仕込みだけで半年も1年もかかっているのに驚きました。

他の材料に関しても、独自のこだわりがあります。

例えば、保湿や治癒作用があるビーズワックス。

「ほとんどのスキンケア製品に使われているビーズワックスは実は本当のオーガニックじゃない。ワックスを取り出すために化学的溶剤が使われているから、本来の働きは失われてるの。」

もちろん、レアアースオイルズでは、100%オーガニックのビーズワックスを使用。

 

また、保存料に使っているのは、グレープフルーツシードのエキス。「化学品は使わない。100% ナチュラル成分」のスピリットに妥協はありません。

 

製品の容器にも気を遣っていて、使用するのは茶色のガラス瓶か缶です。

これは、植物エキスやオイルの成分にダメージを与える光線から遮光するため。医療的な効果が失われたり、酸化するのを防ぎ、バームの質を保つための選択です。

「失われつつあるアボリジナル文化を守る」という、揺るぎない想いの元始まったビジネス。

そして、才能や知恵を最大限に生かし、環境をリスペクトしながら生み出される製品。

製品の材料となる、植物など大自然の力。

どれもが、地球と人を生かす方向にあり、圧倒的な光を放っています。

 

店では、それほどご説明できないのですが、そんな裏のストーリーに想いを馳せて使っていただけたらいいなと思います。

パウチのサイトから、日本やオーストラリア国内への通販もしていますので、よろしかったらご利用ください。↓

。。新発売となったスキンケア製品についてはまた書きますね。

ショップ (パウチ) 裏話&商品

マーフィー恵子


パウチ店主・パウチトラベル主催。オーストラリア、ケアンズに20年以上暮らしています。現地情報誌発行人を経て、現在は「ピュアな自分に還る」をテーマに活動中
● 詳しいプロフィール