心も身体も解放して本当の自分と向き合い、ビジネスの方向性を整える旅の提案

編集の仕事は2011年で辞めて遠ざかってたのに、まさかこんな形で復活するとは。。

きっかけは、ハートの声♡マイスター厚美さんの「恵子さんにケアンズで取材してもらってランディングページを作って欲しい。他にもそう思う人いるんじゃない?」というお言葉。

自分にはない発想だったので驚いたのですが、旅と取材を掛け合わせて、その方が光る方向性を一緒に探ることはできそうだなと思いました。

何しろ情報誌を作っていて一番燃えたのは、取材とインタビュー。お店でも人でも、取材のたびに感動して、他の人に伝えたくて夢中になっていたから。

それに、展覧会を見に美術館に行くとか、エキゾチックな場所のインテリアを楽しむとか、ラグジュアリーなサービスを体験するとか、旅にテーマを持たせるのが好きなので(全部この半年の実際の旅)しっくりきて。

インタビューだけでなく、見返せるように「ビジネスコンセプト創造ノート」もお渡ししよう!と色んなことが繋がって「魂が喜ぶ方向にビジネスの方向性を整える、ケアンズ取材トリップ」が形になりました。

 

魂が喜ぶ方向へビジネスを整える・ケアンズ取材トリップ

 

そして先日、初のお客様がケアンズにお越しになりました。

年も一緒で、娘さんの名前が私の娘と一緒。しかも全く同じ時にケアンズにワーキングホリデーで来ていたという、不思議なつながりを感じるAkikoさん。

 

 

機械設備関係の会社を経営されている、バリキャリの女性です。でも、お話するとユーモアのセンスが抜群でとても楽しい。

ヘビメタがお好きだったり、ハロウィンで本気の変装をされたり、母性に満ちていながらも、時に少年のような茶目っ気を見せる。一言では言い表せない多面的な魅力をお持ちです。

でも、ベースは一言「愛」の方。

 

 

今回のケアンズ取材トリップは、こんなメールのやり取りから始まりました。

HPを拝見しました。素晴らしい企画だと思います。こういう旅はまだ見たことがありません。目のつけどころが凄いと思いました!!

(お問い合わせにメールでお答えするうちに、ウェブページを作ってしまった方が伝わるかなと思って頑張りました。背中を押していただいて感謝しています。)

そろそろ、チャージしたけどバッテリーが切れかけているかな。と感じることが増えてきました。ケアンズ、行きたいなあ~。と思い始めたので、質問のメールをした次第です。

 

 

 

なんとなくモヤモヤを抱えて仕事をしている人は多いです。こんな田舎でも「私はこれをしたい」「子育てが終わったらこれをしたい」という女性がたくさん居ます。

戦後の復興からの、昭和的な働き方が本当に変わってきています。
1人1人が、自分の持つ力を社会に貢献していくような働きかた。
そんな感じになってきている気がします。

起業に対して事務的な面での支援センターみたいな機関はたくさんあります。

起業セミナー。地域おこしのために出店するための相談。産業振興財団・・・
だけど、事務的なことより先に本人の中で「私はこうしたい」と固まっていないと、何かを始めるのは難しいです。

恵子さんのようにその方向性を形にしてくれるところは・・・
私が知る限りでは思い当たりません。

 

 

「伝わる」のは難しいです。「引き出す」というのはもっと難しいと思います。でも、恵子さんなら安心できます。誠実に、分かりやすい文章を書いていらっしゃるので、信頼できます。

有難うございます。編集者時代から、伝わるように!と力まないようにしてきました。下手すると伝え手のエゴになってしまうから。

心がけていたのは、相手の方の立っている場所に降り立つこと。結局、文や写真には自分の感性が入ってしまうんだけど、響き合いの感覚を大切に。私にとって取材やインタビューは祈りの行為でもあります。

 

会話も写真も、何かオチをつけようとしてくれる亜紀子さん(笑)頭の回転が素晴らしく早くて、私は笑うだけ。

 

「これやってみたら」と言う方が簡単なのかもしれません。
でも、せっかく起業するのなら、素晴らしい可能性を秘めた種(本当の自分)がどんな花を咲かせられるのか、ご自分の感覚にこだわった方が良いと思うのです。

ただ、言葉にするうちに整理されたり、化学反応が起きて新しいアイディアが浮かぶ可能性があるので、1人で悶々とするよりも、話すことは大事ですね。

 

 

今回、取材トリップに興味を持ったのは、私自身が「ヨガ、教えんの?」と周囲に激しく言われているからです。我が夫や子供たちまで、同じことを言いました。

社労士さんやコンサルタントも「やるんなら手伝うよ」と言ってくれました。私のヨガ師匠、ヨガ友などが「やるんなら寄せて」と言いました。

私が目指すのは、住んでいる県では皆無に近いヨガセラピー系のスタジオです。
筋肉系はたくさんあります。

ただ、自分の中で色々ともやもやしています。社会人になってから大手自動車会社生産管理部など全く違う系統の職種で生きてきました。なので何だかいまいち、固まっていないのでそれを模索しようとしています。

 

 

「スタジオ始めないの?」と聞かれて、しかも「手伝う」と言ってくれる方が集まってくる。
それは、紛れもなくAkikoさんのご人徳です。

役立ちそうな文献を見つけるとヨガのお仲間と内容をシェアしたり、英語関係の行事の司会をしたり(留学経験もあり、英語堪能!)。ケアンズでも、頼まれたというお土産を、あの細い体のどこにそんなパワーが!と驚くほどの量を運んでらした。

誰かのために、難なく行動される方なんです。
それもとてもさり気なく。

 

 

頼まれてもいないのに自然体でやっていることって本当に尊くて、それを生かした時、自分らしさが輝く唯一無二のビジネスになります。

Akikoさんの「この人はこんなことを必要としてるのではないか?」と即座に察知する力、溢れるようなギブ精神、ユーモア、正義感は宝物。

違う畑に移るのは相当勇気が要るけれど、誠実さとか約束を守るとか礼儀とか、社会人としての基礎があるのは、とても強いと思います。

信頼は、つながりと発展をもたらします

 

 

なぜ方向性固めを地元でしないのかというと、地元だから客観的に自分を見ることができないのです。全く違う場所でなら、本来の自分が出てくるのではないかと思います。

 

安全で楽しくて、本来のあるべき姿に戻れる場を創りたい
ヨガはポーズが難しそうとか思う方もいるかもしれないけど、私は、ごく普通の人が気軽に日常で楽しく使えて、調子がよくなったと言われるようなヨガを伝えたいんです」

Akikoさんは「人々の心身の健やかさ」を真剣に考えてらっしゃることが強く伝わってきました。

でも、解剖学、脳科学、臨床心理学の観点から、国内外の師匠について本格的なヨガの学びを続けているだけに、「ヨガのスタジオを作る」というお考え。

 

 

動機となる体験もお伺いして、私には一つのストーリーが見え、ヨガという枠組みを超えた、温かく楽しい(亜紀子さんのお人柄そのまま)場のイメージが、フワーッと浮かびました。年齢や性別に関係ない、憩い、安らぎのセンターみたいな。

こんな人たちが集まるこんな場にしたいと言う純粋な想いから、場所や建物の雰囲気や、コラボ先などが自然と浮かび、色付けがされていきました。

2人で想像してワクワクしました。

非日常空間だからこそ出てきた、Akikoさんの言葉から受け取ったインスピレーションたち。ふさわしいタイミングで、ふさわしい形で現実化していくことでしょう。

 

 

ご帰国後くださった感想にこんなことが書かれていました。

リスペクトする。循環させる。
ビジネスで1 番大切なことを忘れていました。それを恵子さんは教えてくれました。

ふだん機械設備関係の会社を経営しているので、考えの基本にあるのはどうしても「いかに利益を出すか」です。一緒に仕事をしようと言ってくれる仲間達への敬意を忘れていました。これがなければ、私は間違った方向に行っていたかもしれません。

私から誘ったわけではないのに「一緒にしよう」と言葉に出してくれるその想いを、理解していませんでした。よく会う人達ですが、次に会う時はもっと違う気持ちで会えます。

恵子さんは本当に色々な引き出しをお持ちで、次々とひらめきがあります。「こんなこともできる」「あんなこともできる」とアイデアをくれました。「おおお」と思いました。本当にこの言葉に尽きます。
ひとつの方向性のみで行きかけた私に、新しい選択肢と気づきを与えてくれました。


「循環させる」についても、良いモノを地道に作っている人達が周囲に居ることを忘れていました。パンや染め物など物品に限らず、音楽を作る人がいるのも思い出しました。地元で個人で活動している人達をつなげば、だんだんと大きな循環の輪になると思いました。

先日、銀行のコンサルタントの人と話をしました。彼のコンセプトの基本にあるのは「国境を越えて循環させる」でした!! そこまではいかないにしても、地域から。身近な人達から少しずつ始めようと思いました。

 

「リトリートと言うと、だいたいは受け身で「気持ち良かった」「元気になった」で終わる。贅沢を言うとプラスアルファが欲しい。恵子さんが提案するトリップは、何か違います。本来、人間がいた場所に戻るような感覚。そこに行けば、本能で何かに反応しそうな感じ。 ケアンズの森の中に入った時、大地からわき上がってくるような何とも言えない自然の底力を感じました。何かを自分から引き出してくれる力を自然は持っていると思います。」

 

トリップの日程も決まり、120ページを超えるコンセプト創造ノートから見合う質問をピックアップし、返信くださったPDFを原本に差し込んで、業者に印刷してもらって完成。書いていただいた内容を眺めて、ただただAkikoさんのソウルを感じることを意識しました。

 

そのころ、ご本人は「転機?」と思う出来事があったり、労基の是正(現在はすでに是正報告済み)など予想外のことが起きて、超ご多忙に。

日本でいったんリセットして、何か新しいものを得るのかな?? バタバタな日常ですが、ふと落ち着くとケアンズの緑豊かなジャングルが目に浮かび、重低音だけど優しい大地の波動が心の中に響く気がします。とりあえずは何も考えずにケアンズにいくことにします(^^)

 

 

こんな話は実は初めてじゃないんです。来ると決めてから原因不明の生理不順が治ってしまったとか、気にかけていた人から急に連絡があったとか、目に見える変化に関するご報告を結構いただきます。

心がある方向に定まり始めた時、あるべき姿に戻す作用が起きるのかもしれません。

でも、いちいち意味なんて考えなくていいと思うんですよね。定めた方向に向かうために、淡々とこなすだけ。

ご出発当日もフライトが遅れたり、発券トラブルがあったり、スムーズではなかったのですが、空港での時間を有効に使っていただくために、追加の質問を送りました(笑)。

無事に、翌朝、ケアンズ空港でお会いできた時は喜びが倍増!(機内はビジネスクラスでゆったりされたそうで良かったです)

 

ゆったりした服を着ていらっしゃるので分からないのですが、スタイル抜群、姿勢もよくて、お肌はシミ一つなし!私もヨガやりたくなりました(笑)

 

興味深いことに、ご帰国翌日に会った社労士さんが、オーストラリアと日本の違いにビジネスチャンスがあるかも、とお話になったそうなんです。

出発前に発覚した就業規則のことで会った方が、実は県産業振興財団支部長。起業のことも色々と支援されている方だったのです。

「たった2日?何しに行くの?」と言われながらも来てくださったケアンズ。

そして帰国直後に、こんな出会い。起業を意識した途端のシンクロですね。

 

 

最後に、Akikoさんが、ケアンズの森の中で唱えていらしたサンスクリット語のマントラの意味を教えてくださったので記したいと思います。

静寂の中に凛とこだました それはそれは美しい声、忘れられません。

 

どうか、私たちが守られますように。
私たちが教えを理解し、吸収できる容量と賢さを養いますように。
学んだことが、輝きとなりますように。
そして私たちを智慧で満たし、
互いに誤解や諍い、両者を別つものがありませんように。
穏やかに学ぶべきことを学んでゆけますように。
自分自身と、その周りと、世界からもたらされる様々な障害がありませんように。
平和に穏やかに、調和がもたらされますように。

 

ベストなタイミングでAkikoさんが立ち上げられるであろう、美しい場の世界観そのものだ、と思いました。

 

 

魂が喜ぶ方向へビジネスを整える・ケアンズ取材トリップ

 

ケアンズ・ソウルジャーニー, 天職・魂が喜ぶ 天分ビジネス

国境を超えた交流を楽しめるサークルです。メンバーになりませんか?✨

ケアンズ・ソウルジャーニーのご案内

Related Posts

魂が喜ぶ方向へビジネスを整える・ケアンズ取材トリップ

  2019/02/23 

44

ー美しくしなやかに働きたい個人起業家の方向けー
あなたの魅力を編集者目線で引き出します

魂が喜ぶ方向へビジネスを整える
取材トリップ

Cairns, Australia

自分1人だとブレてしまうビジネスの軸を、
ケアンズの大自然の中のインタビューを通して立て直しませんか?

夢を持って始めた仕事。ハッピーに続いていますか?
個人ビジネスは、基本1人で様々な選択・決断をしなければなりません。時に迷うこともあると思います。

「今のやり方で、お客様に喜んでいただけてるんだろうか?」「これって本当に求めてたことだったっけ?」「あれもこれも思いついて、考えがまとまらない」

もしもそんな風に違和感を抱いたり、方向性が定まらなかったり、情熱を注げなくなってきたら。。ハウツーを詰め込む前に、ご自分の内側を見つめ直し、クリアにしてから軸を立てる必要があります

もので溢れかえった空間に、いくら素敵な家具を入れてもイメージ通りの部屋になりませんよね。ビジネスも同じ。特にサービス提供者であるあなた自身の在り方、想いがそのまま反映される個人ビジネスはなおさらです。

魂が喜ぶ方向にビジネスが整うと。

世界観が創られ、仕事場(サロンやオフィスetc)のインテリアや立地場所、広告やウェブサイトなど販促物のビジュアルや文言が自然と決まっていきます。

こんな方を幸せにしたい!と気持ちが定まり、発信もサービスの内容もぶれがなく濃いものになり、響いたお客様だけが集まります。

価値観が明確になるので、「こうすると上手くいく」という方法論や周りの成功などに流されたり、気が乗らない仕事をしなくなります。

自分にしか出来ないことで、お客様に喜んでいただいているという誇りを持って、自分の情熱につながりながら働く在り方にシフトしていきます。

比較競争から解放され、自分が人生で本当に大切にしたいことを大事にしながら、共感してくださる方と繋がって、更に喜びの循環が広がっていきます。

あなたの天分を世界に表現し、生まれた意味を果たしていく。

自分にも周りにも犠牲がない
魂起点の しなやかで美しいビジネスを育てるには、
天(目指す場所)と地(現実、行動)を結ぶ軸が必要です。

ケアンズのゆるやかな空気と世界遺産の大自然に包まれて、
心も身体も固定観念も解き放って 本当の想いと繋がり、
ビジネスの方向性を整えることに2日間集中

ケアンズ取材トリップは、現地情報誌を1995年に創刊し、16年間編集長を務めたマーフィー恵子があなたをインタビューし、ご自分では気づかなかったような魅力を引き出します

起業に対する想いや理想の世界観を語りながら、あなたの価値観や人生経験、魅力をビジネスと繋げて、幸せにしたいお客様と「響き合う」具体的な軸をたてます。

 

soul-business-beach

受け身で教てもらうセミナーとも、聞いてもらうだけのカウンセリグとも、
癒してもらうセラピーとも、問題解決のコンサルとも違い、
あなた主体で、大自然のエネルギーや私との化学反応を通して
ビジネスの方向性が整っていく。
ケアンズ取材トリップは、新しいスタイルの旅 x セッションです。

行程をみる

 

Why Cairns ?

南半球にある常夏の地 ケアンズ。
直行便で7時間半と、日本から最も近いオーストラリアの街。
地球最古の森と、世界最長のサンゴ礁の海が出逢う場所です。

 

1億8000万年に遡る、古代の森から放たれる濃厚な息吹。

何万年かも分からない太古の昔から、静かに大地を崇め、
守ってきた先住民アボリジニの人々の地球人としての智慧。

ケアンズには、これらを支える、源のエネルギーが流れています。
それは私たちの心を開き、私たちの源〜本来の自分〜へ誘います

太古から命を生かしてきた
純粋なパワーが流れる稀有な場所だからこそ、
ピュアな自分と繋がる扉が開く。

 

時に、海風を感じながら。

時に、原始的な空間に身を起きながら。。

ゆったりとご自分と向き合って、ケアンズに充ち満ちるエネルギーをハートと五感で受け取り、
ビジネスに生かせる、あなたの内なる光を見出してください。

 

Interviewer 

 

「恵子さん、私をインタビューして、ランディングページを作ってくれませんか?」このサービスはケアンズを訪れたお客様のリクエストから生まれました。

ウェブサイトもないのにクチコミだけで予約が埋まる、実力を備えた素敵な女性。彼女が私のブログを読んで共感してくださり、同じように想いが伝わるページを作って欲しいと直感で依頼してくださったんです。

実は同じことを頼まれたのは3度め。
皆さん、「あまり詳しく説明しなくても想いを引き出してくれそう、素敵に表現してくれそう」だと感じたという共通点がありました。

私はコンサルタントでもセラピストでもコーチでもなく、自身が何かを生み出すのが好きなタイプ。ケアンズ初の日本語情報誌を立ち上げ、土地や人や物に光を当てて、文章やグラフィックを通して読者さんにお伝えしてきた編集者です。
定期発行の自社媒体の他、観光局や航空会社などクライアント様(延べ2000社)の企画物にも携わらせていただき、数え切れないほどの取材、インタビューをしてきました。

前調べをし、コアな質問を数個だけ用意したあとは “相手の方の崇高な内側と出会えますようにと祈って” 流れに任せると、不思議と必要な会話が紡ぎ出される。
お1人お1人の素晴らしさに触れ、毎回感動するインタビューの仕事は大好きでした。感動が伝わるのか、記事を通して売上が上がったというご報告もよくいただきました。

情報誌の仕事を手放してからすっかり離れていたけれど、ご依頼を機に、旅と取材を掛け合わせて、その方が光る方向性を一緒に探ることはできそう、と思ったのです。
自分自身、20年以上ビジネスをしているから、きっと共感もシェアしたいこともたくさんある!

インタビューさせていただくケアンズには「深く考えず、自分に忠実であって良い」と背中を押してくれる空気が流れています。

普段のセミナーと趣向を変え、思い切って建物、いえ日本から飛び出しませんか?

そして大自然の中で集中して自分と対話し、私はこれでやっていく!という確信と情熱をリゲインしていただけたら本望です。

 

魂が喜ぶ方向へビジネスを整えるケアンズ取材トリップは
こんな方におすすめです。

自分らしさをより発揮できるよう、ビジネスをステップアップしたい
自社のサービスに対するビジョンを、明確な言葉で伝えられるようになりたい
虚像でなく、ありのままの自分を魅せるブランディングを求めている
「あなたにお願いしたい」と言ってくださるお客様と出逢いたい
競争、儲け優先などの価値観が合わない
天命に向かって働き、真の充実感を感じる人生を送りたい
精神性も大切にしながら、地に足をつけてビジネスをしたい
ぶれずに行動できる自分になりたい
がむしゃらでなく、しなやかに楽しくビジネスがしたい
家族や自分に犠牲なく、自分らしいライフスタイルを大事にビジネスをしたい
似た方向性の仲間と、高め合う関係を築きたい

 

ケアンズ取材トリップで得られること

X

●ビジネスの目的 ●すでに備わっている魅力・才能 ●価値観や美学
●幸せにしたいお客様 ●あなたにしかできない、天分を活かせるサービスの形
がクリアになります。


ご帰国後も見返せる、120ページ強のオリジナルノートに書き込みます。


お客様の幸せと、「あなたの魂の喜び」が重なる
ビジネスコンセプトをビジュアル化します。

 このままでいいの?と感じてはいても忙しくて流されていたのが、2日間集中して思考が整理され、スッキリ
(タイトですが、金曜の夜の便に日本を発ち、土日集中して、月曜の昼の便でご帰国も可能です)

 非日常空間、太古のエネルギーが流れるケアンズの大自然の中でリラックス。普段の枠から外れた気づき、インスピレーションを受け取り、新たなアイディアが生まれる可能性。

 自分では見えづらい、魅力や才能が客観的に引き出され、自信と喜びが育まれます。

 自分の中に「既にある光」にフォーカスするので、周りに惑わされず、自然体でしなやかに前進できます。

 話して終わり、聞いて終わり、感じて終わりでなく、考えたことや想いを特性ノートに書き込む事で、いつでも見え返せる羅針盤ができ、新サービスやサロンの移転など、やるべきことと必要ないことが明確になり、迷いが減ります

 ビジネスの軸(コンセプト)は、一目で俯瞰できるよう、ユダヤの叡智が詰まった神秘図形「生命の樹」に落とし込みます。統一ブランディングの指標となり、ウェブサイトやパンフレットなど、様々な販促ツールに使えます。

 ビジョンを伝える言語を持つことで、お客様や社会だけでなく、家族や友人の理解を得られやすくなり、プライベートも充実します。

 世界観を打ち出すことで、共感してくださるお客様が集まるようになり、売上アップにつながります。

 魂が喜ぶビジネスの在り方が明確になり、ビジネスに誇りを持って、よりサービスの質を高めることができます。

soul-business-beach
Soul Business
Interview Trip in Cairns

魂の喜び、お客様の幸せ、2つの観点から立ち上げるビジネスの軸を持って
ハッピーな循環を創る第1歩を!

行程をみる

 

お客様の声

恵子さんのピュアな発信内容に共感して、ケアンズに行くことを直感で決めました。
インタビューを通して様々なお話をしましたが、帰国後自問自答した時、すごいインスピレーションが降りてきました!

私は「丸ごと受け止める」のが大好きだし、ハートのど真ん中だって。そしてそのルーツは父の在り方そのものだと改めて気づいたのです!ケアンズが大好きになった理由がここにもあったんです!!

森や大木、滝や川や海になぜ人は魅了され続けるのか?それは大自然は、いつでも無言でそのままの私達を受け止め、受け入れてくれる存在としてそこに在り続けてくれるから!そう大自然の在り方こそが全肯定そのもの!このインスピレーションに大興奮しました!
それは恵子さんの素晴らしい問いかけのお陰なんです!恵子さんが企画されたトリップのお陰なんです!

恵子さん自身も、ケアンズの大地や空、森のエネルギーをそのまま体現したかのような、原始的で全肯定、押しつけのない方で、話が途切れることがありませんでした。今思い出しても何と楽しく充実した時間だったんだろう!ってニヤニヤしちゃいます。

恵子さんと話しているとインスピレーションがばんばん降りてくるから不思議です。
恵子さんと共にいること自体が私をトランス状態にいざなってもらっているかのように!まだまだアイディアがあふれてきています♥

今回の旅での私のインスピレーションは、恵子さんの深い愛と知性ある器であるKeiko’s Soul無くしては成し得ませんでした。私の受け止めパワーを常に熱く語らせていただきましたが、それはまさしく恵子さんの受け止めパワーがあったからこそなんです!!
改めて、心から感謝しています。

ハートの声♡マイスター金本厚美さん

 

魂が喜ぶ方向へビジネスを整えるケアンズ取材トリップ
流れと行程

 

お申し込み

お申し込みフォームを送信いただくと自動返信メールが届きます。その後メールでトリップの日程を決定します。お申し込みフォームへ

 

出発前

ケアンズでの時間をより実りあるものにするため、トリップ前に質問がメールで届きます。
あなたが人生やビジネスで大切にしたいことを明確にし、あなただからお届けできる価値(USP)のヒントとなります。

ご到着3日前までに、お答えをメールでご返信ください。あらかじめ目を通させていただき、現地でのインタビューをより実りあるものにさせていただきます。

 

ケアンズで

トリップ1日目(9am-5:30pmごろ)
空港までお迎えに上がり、ホテルに荷物を預けて朝日を楽しみながら、ビーチの目の前のカフェでご一緒に朝食を。(早朝着でお疲れの場合やアーリーチェックインを手配された方は、空港からホテルまでお送りし、改めて9時ごろお迎えに上がります)

 

 

途中、ショッピングしたり、砂浜を散歩したり、カフェでインタビューさせていただいたり。気分や雰囲

気で自由に取材を進めます。

起業に至るまでの想い、天命のヒント、あなたの本当の魅力など、ゆったりと時間に追われることなくお話いたしましょう。

簡単な動画や写真を撮ったりもします。

夕刻ホテルまでお送りします。

 


 

トリップ2日目(9am-5:30pmごろ)
ホテルにお迎えに上がり、ケアンズ高原の滝や聖堂の樹、湖、森など、少し遠出して大自然の中へお連れします。

 

 

 

私個人のパワースポットはご案内させていただきますが、他はお話しながらどこへ行くか決めるスタイルです。誰にも気兼ねなく、いたい場所にいたいだけ。時間に終われず五感を開いていただけたらと思います。
ドライブ中、ランチ中、各スポットで。。1日を通して自然にインタビューさせていただきます。

夕刻ホテルまでお送りし、お部屋かロビーにて(またはカフェなど臨機応変に)、私が感じたこと、ヒントなどもお伝えさせていただきながら、これまでのお話のまとめをご一緒に特性ノートに書き込みます。

 

含まれるもの

空港送迎
直行便の場合、早朝着です。
安心&無駄なくお過ごしいただけます。

2日間・完全マンツーマン取材
(約16時間)

ケアンズの大自然巡り
(走行距離200km+!)
個人的パワースポットもご案内する
プライベートツアー

オリジナル!ソウルビジネス・コンセプト創造ノート
コンセプト創造プログラムのテキストとして
デジタル版2.9万円/製本版3.5万円で販売しているノートを
製本して現地でお渡しします。
ビジネスの原点に立ち還るため見返したり、
アイディアを形にしたり、
今後のブランディングにお役立てください。
120ページ超!ノートはこんな内容です
・自分を知る(価値観、美学)
・幸せにしたいお客様を決める
・自分だからお届けできる価値を知る
・ビジネスコンセプトを言語化する
・メイン商品を作る
・メイン商品のコンセプトとキャッチコピーを作る
・ビジネスを表現する(自分にあったマーケティング)

マーフィー恵子のブログでのご紹介
自分で自分のことを語るのはなかなか大変ですよね。
あなたの魅力やお仕事の価値を、感じたまま書かせていただきます。「紹介されました」とfacebookなどで告知して自然体のPRにご利用ください。ブログ内に、あなたのサイトへのリンクが貼られます。

新しい自分に出会える・ハートの声のワクワク案内人 金本厚美さん

恵子さんのブログを読みながら、私が旅の間話していた一語一句をこのように深く繊細に受け止めてまとめて下さるなんて!と感動と感激で言葉になりません。写真の撮り方も選び方も圧巻で、恵子さんのセンスの高さを改めて実感いたしました。HPもお店も、まるで恵子さんのソウルジャーニーに出会える場のようです!

 

特典

    •  ❶スマホで撮影した自然なショットを数枚データでお渡しします。思い出として、またはブログやFB、ウェブなどに自由にご利用ください。
    • ❷生命の樹Self Discoveryセッションで分かる、あなた自身の軸:「使命」「本質」「天職」「潜在能力」の4つをお伝えし、チャートをお渡しします。
    • ❸ご帰国後のフォローアップセッション 60分(1回)

料金

232,000円 +税

※ケアンズまでの航空券、宿泊費、お食事代は含まれません。オススメの宿や取材以外の旅程などは、こちらからお気軽にお尋ねください

お申し込みフォームへ

 

Option

● 起業ストーリーの書き起こし(ブログやウェブサイトのプロフィールに使えます)2.5万円
● 一眼レフでの撮影(3ヶ所・エディットした画像を10枚ほどお渡しします)2万円
● あなたのビジネスの世界観を表現し、共感するお客様と繋がれるウェブサイトや小冊子の制作→詳細はこちら

(上記価格+消費税)

 Q&A

Q. ケアンズに行くのにオススメの月はありますか?
A. 乾季に当たる5〜10月が晴天が多く過ごしやすいです。


Q. 航空券やホテルの手配は手伝っていただけますか?
A. ケアンズへの直行便は、現在ジェットスター航空のみです。LCCですが、個人旅行客の方も予約しやすいウェブサイトで、日本語ですので問題ないでしょう。心配な方は、最寄りの旅行代理店でのご予約をおすすめします。
ホテルは、ご予算や条件を教えていただければ、こちらで何箇所かご提案させていただきます。


Q. ケアンズに行くのにビザは必要ですか?
A. はい、ETASというビザが必要です。申請は、次の方法があります。
1. オーストラリア政府移民局のウェブサイトから行う。
2. 日本の旅行会社に依頼する
3. ETAS登録代行業者に依頼する 


Q. これから起業したい段階で、まだイメージが漠然としているのですが、大丈夫でしょうか?
A. どんな業種の何をされたいかが分かっていれば、ご一緒に軸を立てられるようベストを尽くします。お渡しするコンセプト創造ノートは、実践しないと答えづらい質問があるかもしれませんが、最初にビジネスの土台を作る貴重な機会になるでしょう。


Q. クレジットカード以外のお支払いはできますか?
A. Paypal(クレジットカード)のご利用の他に、日本の銀行によっては窓口にて、オーストラリアの銀行口座に送金していただくことも可能です。


Q. インタビュー内容はこちらで決めてもいいですか?
A. お話する中で引き出されることも多いと思います。ビジネスの軸を立てるに当たって深掘りしたいことや気になるトピックがあれば、どうぞお申し込み時におっしゃってください。その上で、事前の質問を調整させていただきます。


Q. 1日だけのコースはありますか?
A.  12万円にてアレンジ可能です。時間が限られますので、事前にお悩みなどをお聞きした上で、質問を絞ったインタビューをさせていただきます。(空港送迎はお迎えかお送りのどちらかなりますこと、ご了承ください。)


Q. 1日追加することはできますか?
A.   はい、6万円で承ります。

 

最後に

世界的なベストセラー雑誌リーダーズ・ダイジェストの作家、故ドン・ヘロルド氏は「不幸とは、自分が何をほしいのか知らないのに、それを手に入れようとして身を削ること」と言っています
自分の内側を見つめましょう。自分の魂をないがしろにして振り回され続ける枯渇の道を歩まないために。
1人で仕事をする大変さや孤独もよく分かります。心が折れそうになることもあるし、ぐらつくこともある。でも、理想の世界を実現するぞ!と志を立てると勇気が湧いてくる。
この取材は、同じ境遇にいる私とあなたとのコラボレーション作業。共感と励まし合いの中から、崇高な何かが生まれたら本望です。そして、より素敵な世の中を一緒に築けていけたら嬉しいです。

 

お問い合わせ   お申し込み

国境を超えた交流を楽しめるサークルです。メンバーになりませんか?✨

Related Posts