2018年明けましておめでとうございます。

  2018/01/01  幸せのヒント

新年明けましておめでとうございます。みなさん、どんな元旦をお過ごしですか?わたしは、最高気温35度のケアンズで、普段と変わらぬ(ゆったりした)1日を過ごしています。

新年が明けたからか、心に「明」という漢字が思い浮かんでいます。

「明」って、改めて見ると、日(太陽)と月という字から成り立っているのですね。

文字に想いを馳せながら、久しぶりにスケッチブックを開きました。

 

明ける。

太陽と月が同時に表現される。

内と外を調和させる、2極が出逢う。

手を取り合う。

その間にいるのは、あなた。

この上なく神々しい流れを受け取り流す、

清らかな存在で在れ。

地球を育む、まっすぐな存在で在れ。

明ける、めでたき祝福のとき。

あなた自身も、明るく開け放て。

 

何となく海に散歩に行きたくなって、出かけてみました。たくさんの人が、それぞれに楽しんでいます。

遠くまで続く水平線を見ながら、砂浜を歩いていた私の目を捉えたのは、淡いブルーの空に静かに姿を現した、透明がかった白の、まあるいお月様。

そういえば明日は満月だな。。と、いい具合に砂浜にあった流木の上に腰掛け、しばし見とれていました。

振り返ると、そこに広がるのは黄金色の黄昏。眩ゆい太陽が、夜の帳に姿を消そうとしています。

思い立って出かけた散歩で、月と太陽が共に在る「明」という文字が空一面に現れた、貴重な時間に出逢えたのです。

 

「ああ、同時だ」と思いました。

切り拓いて進んでいくエネルギーを象徴する太陽と、時に待ち優しく見守る母親のようなエネルギーの月。

2つが同時に表現されたとき、美しく自立した生き方が創られていく。

生かし合う世界に通じる命の在り方。

2018年、仕事のテーマにしたい世界観を、空が見せてくれました。

 

さらさらとした砂を足の裏に感じ、足の指で掴むようにしっかり立つと

わたしの体を通して、縦と横に流れる何かが、回り始め。

砂の上には、小さくて踊るような子どもの足跡や、大人のしっかりした足跡、可愛らしい子犬や鳥の足跡もあって。

みんなも、ここにいる。

宇宙も、大地も、人も動物も植物も、同じく今ここにいる。

同時に存在し、この時空を分かち合っている。

 

幸せの余韻を残した足跡は、そのうち、波や風によって消えていくでしょう。

でも、それでいいんだな、と思いました。

目に見えない大切なものは、足跡を残すなんて意図しない人によって、脈々と受け継がれるのだから。

 

過去を内包した大地も、未来を映す空も、

わたし達の命も、同時に今ここに在る。

 

「明」の中に、美しい自立を観た元旦。

 

2018年 明けまして、おめでとうございます。

 

 

幸せのヒント

マーフィー恵子


パウチ店主・パウチトラベル主催。オーストラリア、ケアンズに20年以上暮らしています。現地情報誌発行人を経て、現在は「ピュアな自分に還る」をテーマに活動中
● 詳しいプロフィール