風の時代の働き方・天分美ジネス的 ビジョン、ミッション、天分の関係を動画でお話しました。

主宰中の天分美ジネス実践サークル・Moon Tribeのメンバーさんに、いつもと違ったメッセージの届け方をしたいなと思い立ち、10月最初の満月に、初自撮り動画にチャレンジしました。

テストで何秒か撮ったら、自撮りモードだと、図の内容が鏡文字になって読めないことが発覚(笑)

仕方なく、カメラの背面を見ながら話したので、画角に収まってるんだか分からないままの即興トーク。(つくづく私は書く方が好きだとわかりました。。)

恥ずかしいけど、初回の記念にブログにも貼ってみます!

お話のテーマは、「天分美ジネスの成り立ち」について。

 

 

なぜ「天分美ジネス」と名付けたかというと、人生の時間も楽しみながら、天から授かったギフト(天分)を周りに与えていく喜びを感じながらお仕事しませんか?

という提言をしたかったからです。

“美”ジネスと表記しているのは、やわらかなイメージになることと(小商という感じです)、自分の美学を土台にして、ビジネスを組み立てましょう、という意味がこめられています。

 

「もっと早く。もっとたくさん。もっと大きく」を良しとする現代ビジネスは、「今の状態は不十分」というところから始まっていますよね。

でも、本当は私たちは、事を為すのに必要な才能や魅力を、天からちゃんと授かっています。

それは、些細なことだったり、自分では当たり前すぎることかもしれない。

でも、1人1人、本当は完全な状態で、感じられるかどうかの違いだけ。(私もすぐそのこと忘れてしまうんだけど)。

「ない」か「満たされてる」か。スタート地点の違いが、仕事の質にも大きな違いをもたらします。

もしかしたら埋もれてるかもしれない「既にある」光を見つけ、それがより輝くように、埃を祓っていけば、自然と上昇気流に乗るのではないでしょうか。

何かを「得る」ために頑張るのと違い、天分を生かす道は、既に持っているものを「与える」。

がむしゃら感がなくて、自然体だし、気づいたら、こうなってた。みたいな「お楽しみ」もあります。

市場のニーズから逆算して設計する、つまり最初から分かっている答えに向かうのと逆ですね。

天分美ジネスは、どんな花を咲かすか、シーズンが来ないと分かりません。

花はきっと咲く、と信じないと不安になるし、太陽の光や、風を感じながら、水やりなど適切にお世話して、育てる最中にコントロール外のことが起こる可能性もあります。

でも、そんな時に適応できるように工夫するのも、(大変だけど)生きてる証だと思うんですよね。

しなやかさ、自分の感性を信じる強さ、環境や人様への感謝がキーです。

 

チャクラの色に対応させました。自分なりの美学が土台=第1チャクラ(赤)、魂は個性=第3チャクラ(黄色)、働くのは愛の行為だから、ビジネスは第4ハートチャクラ(緑)。

 

上の図は、去年作りました。25年以上、雇われずに働いてきましたが、ただ夢中で、実はこんな成り立ちは意識したことありません。楽しく情熱的で、商的にも波に乗っていた時と、どんよりしていた時を振り返ってみて発見した在り方を図にしたらこうなりました。

 

●天分美ジネス的「ビジョン」

自分で考えた理念という概念でなくて、宇宙からのオーダーです。

「こんな地域に。国に。世界に。地球に。銀河系に。」

宇宙意識が叶えたい姿にするために、私たちが請負った役割で、無意識に沈んでいたのを心に浮かび上がらせて、言語化したもの。

それは生きる意味でもあるし、ビジネスの目指すところでもあるし、全てを牽引する原動力でもあります。

天分も、育った環境やこれまでの体験も、役割を果たすために与えられています

家庭から地域へ、そして国へ、など、ビジョンの範囲は進化するので、その時その時ベストを尽くせばいいんじゃなかな。

出世やお金儲けを狙うのでなく、宇宙の媒体となる。そんな謙虚さをもって仕事ができたら、と思うのです。何がもたらされるかは、お任せで。

 

●天分美ジネス的「ミッション」

ビジョンに向かうために、できること(命の使い道)。

自分にしかない価値を吹き込むと、誰とも競争する必要のない、唯一無二のビジネスが作られていきます。

独自の価値は、天分 x 体験(実績、学びetc) x スキル。

それぞれ棚卸ししてみると良いですね。

自分に何ができるのか:貢献意識を持って行動することが大切です。

 

●天分美ジネス的「商品やサービス」

宇宙意識→ビジョン→ミッション→それらを形にしたもの。

商品やサービスの1つ1つにもビジョンとミッションがあって、コンセプトと呼んだりもします。

動画の最初の方で、「情報誌をやっていた時のざっくりしたゴールは、ケアンズに滞在している方に楽しいひとときを過ごしていただくことだった」と言ってるのですが、これは商品のビジョン。

(当時、F1層etc、ターゲットを年代で区切る傾向がありました。でも、私は「姿」を想像した。)

商品ビジョンの理想は「自分・お客様・世間(環境)・未来」の四方よしです。(江戸時代の商人の三方よしに、未来を追加しました)

謎の罪悪感や、予定調和や妥協などなど、自分自身が苦労した分、自分にも周りにも犠牲がない美ジネスが広がったらいいなと思ってます。

四方が幸せになると、ビジネスとしての大きなビジョン(理想の世界)に近づいてゆくから。

 

 

あ、あと、全ての土台には自分が大切にしたいこと=美学があるということも天分美ジネスのポイントです。

何か楽しくない、やる気が出ない時っていうのは、大抵 誰かや世間に合わせてるんですよね。

例えば、私がお店を始めたとき、「こんな分かりづらい場所で、自分が好きなもの集めて商売が成り立つと思う?もっと人通りが多い所に移って、UGGブーツとか、お客さんが求めるものを売らないと、続かないよ」と言われました。

確かにね。。と揺れたこともありましたよ。本当に厳しかったから。

でも、作り手さんに会いに行って、自分でいいと思ったモノを紹介したい。地元の木材とか使った温もりのある空間を作りたいと思ったら、今のお店の構えがぴったりだった。

(コロナで今は機能してないけど)何だかんだ今年で8年目で、自分的にハッピーです。

譲れない、大切なことは何かを明確にしておくのはとても大事です。

 

まとめますと、宇宙から降りてきた理想の世界観(ビジョン)を目指し、天分を吹き込んで、大地の上にしっかり立って実現する(ミッションを果たす)。

それが、天分美ジネスの成り立ちです。

以上、動画でとりこぼしたことをお伝えしました。

 

変わってるね、と言われてきましたが(笑)、きたる風の時代は、こんな働き方をする人が増えるのではないかと予感しています。

風に乗るんだから、軽やかなのが良いですよね。

 

P.S.

Androidのスマホで撮った動画をMacBookに移せなくて(ケーブルが違うらしく)、Premierソフトを使えず、初めてスマホのアプリに挑戦。色々試してたら、エンディングが可愛くなりました(笑)

めげずに、天分美ジネスに関するメッセージ動画を、サークルのメンバーさんに向けて定期的にお届けしたいと思っています。

今回、動画アップ後にいただいたコメントから、「天分を仕事に生かすためのグループトーク」をやってみようというアイディアが浮かびました。

これからも動画の内容に沿って、色んな集いをやってみたいな。一方的でなく、同じ価値観の人どうし、インタラクティブな交流ができるって本当に嬉しいことです。

皆さん、いつも有り難うございます!

 

天職・魂が喜ぶ 天分ビジネス

国境を超えた交流を楽しめるサークルです。メンバーになりませんか?✨

ビジネスの方向性、サービスや商品を、魂が喜ぶ形にしたい方に向けたセッションです。