心機一転。新しい色と風。

  2017/05/01  スローライフ日記

少し前に誕生日を迎え、何となくリフレッシュしたくなって髪を何年ぶりかのショートにしました。

Bonsaiヘアサロンさんのご提案で、襟足スッキリ、くせ毛を生かしていただいたスタイルです。

 

 

そして!祖母の形見の指輪のリフォーム第2弾が完成。

天と地。横のつながりを大切にし、ゆるやかに上昇する〜というイメージでデザインしました。

 

 

 

この指輪は「これから更に自分らしく、楽しく生きていこう!」というシンボルでもあります。

満足度120%、はめてみると言葉で言い表せないしっくり感。

祖母が身に付けていたダイヤモンドとプラチナの輝きに、自分の意志が宿った感じで、受け継ぐものと生み出していくもの。。2つの大切さをしみじみと感じます。

 

 

 

「少しづつ輪を細くしてほしい」「気持ち斜めにして螺旋っぽくしてほしい」などやりづらかったであろう私の要望を見事に形にしてくださったジュエラーTAKAさん、本当に有り難うございました!

ジュエリーのリフォームや制作のご相談はこちらからできます)

 

後で伺ったら、何となく気に入らず、石の位置を変えたりして2〜3回つぶして完成したのだそう。説明できない「何か」が違うと感じたら、微妙なバランスを納得するまで追求する真の職人さんなんですね。

 

「1本の棒を螺旋状にしたときに、指のサイズに合わせてどこが見えるか考えながら、少しづつ細くするというバランスがすごく難しかったですね。でも出来上がりはかなり気に入ってます。これしかない、っていうところに落ち着きました」2度と同じには創れないと笑います。

 

 

 

「このリングに限らず、同じデザインでも2個め以降はたどり着くところが違うんですよ。近道する分、見た目は同じでも’質’が違うんです。まさに一球入魂ですね。オリジナルの強さはプロセスに込められたところにあると思います」

 

集中すると宇宙にただ1人という感覚になるというTAKAさん。ものづくりは心が出る。怒った顔で創ると怒ったものができると。。

 

これ、どんな仕事も同じだなあと思いました。

始めるときの想いが形になる。

 

生命の樹でわかった、私の内面にある色〜ゴールドとブルー。自分自身を生きよというメッセージが空いっぱいに描かれた新月の夕暮れ。

 

 

楽しい気持ちで取り組んだ仕事は、お客さんと楽しさをシェアできるものになるし、ラクして儲けようと思って始めたサービスは、ラクしてうまい話ないかなと思うお客さんを呼ぶ。すべて投影されるんです。

私たち人間は、心のある仕事をしなければならないと思う。単に効率や数字を追うのであれば人工知能が出来るわけですから。始めるときの「気持ち」が本当に大切ですね。

 

私がこれからやろうとしている仕事のデザインは、「どんな世界観を創りたいのか」という気持ちから落とし込んでいます

 

 

  

 

先日、お友達と一緒に散歩したときの空があまりにも見事でした。

刻一刻と変わるドラマチックな色彩に、ただただ空を見上げて佇むわたし達。大自然の圧倒的な存在感を目の前にわき上がる謙虚さをもって働いていきたいと思います。

 

 

これから始める仕事の1つ、生命の樹カウンセリング。自分自身の嬉しさと感動が、形になってお客様とシェアできたらいいなあと願っています。

 

「丸い形のカラフルな色の樹のラベルのワインが見つかったら、恵子さんの生命の樹の仕事GOサインの合図!って勝手に思ったの(笑)。そしたらピッタリなのが合った〜!!」

って、何とも素敵な誕生日プレゼントをいただきました。

 

 

Satoさん、有り難う。感激。

ラベルの裏には「過ぎ去った季節に終わりを告げ、新たなる始まりを祝福する」ために創られたワインですって!!

2人でワイワイ祝福の乾杯をしました。(このワインはもったいなくて開けられず、ビールで。笑)

 

 

ちなみに、Satoさんが教えてくださったチベット体操は、「濃いシンクロが起こり出す!という身体の外側の世界にも影響を及ぼす効果があるんですよ✨私、サラッと言い流してるからほとんどの人が聞き流してるだろうけど。密教メソッドですから~~~(^^)/」とのこと。

 

ほんとに、誕生日過ぎくらいから色々と起こっています。「濃い」ことが。。

指輪にかけた「自分らしく楽しく生きる」という願いそのままに進んでいきたいな。

 

風が。吹き始めました。

 

 

スローライフ日記

マーフィー恵子


パウチ店主・パウチトラベル主催。オーストラリア、ケアンズに20年以上暮らしています。現地情報誌発行人を経て、現在は「ピュアな自分に還る」をテーマに活動中
● 詳しいプロフィール