インターネットとリアル

  2020/02/13  スローライフ日記

オーストラリアは、1月が新学期です。

先日、長期休暇でケアンズに戻っていた娘が、大学のあるシドニーに帰って行きました。なんと「車」で!

走行距離約2400km。北海道から九州くらいあります。

お父さんと一緒とはいえ、少し心配。。正直あまり賛成ではなかったけど、本人の希望なので仕方ない。

出発時。私は胸にポッカリ穴が開いたような気分になったけど、本人は元気いっぱいでした(笑)

 

実家から色々なものを運んで行くのを見て、こうやって拠点が少しづつ移って行くんだなあ。。としみじみしました。

私だったらこの距離を運転するなんて、想像するだけでげっそりだけど、途中で息子が住むブリスベンなど、色々と寄りながら旅も楽しんで、1週間弱かけて新居に到着したそう。

若さはエネルギーですね。

親子一代でこんなに考え方も行動も時代背景も変わる。

 

私が若い時は、インターネットもなかったし、外国はまだ遠い未知の存在でした。

娘は大学1年め、寮に入っていたので、エジプトや中近東やアジアや、色んな国の友達ができ、日常のご飯から習慣までカルチャーショックがあったそう。

「国に帰省中の◯◯君が フェイスタイムで家の中を見せてくれたら、リビングルームだけで6つもあった」とか「1フロアはメイドさんと運転手さん用なんだって」とか「国連勤めのお母さんが出張でシドニーに来て食べたこともないご飯を作ってくれた」とか。

利害関係がない若者にとって、それらの違いは純粋な驚きや、リスペクトの対象なんですね。

人と人が触れ合うと、外国は未知ではなく、途端にリアルな体温を持つ世界に変わります。

争いは、相手をよく知らないから起こる。

それぞれに家族や友人や宗教や、大切にしているものがある。それを肌で感じたら、闘うことなんてできないでしょう。

リアルな交流って本当に大切だと思うし、それが可能な時代になったことが嬉しいです。

 

着いたよ〜と送られてきた写真。

 

私は小学生くらいから外国に行きたくて仕方なくて、でもまさか住むとは思っていませんでした。

当時、こんなに簡単に行き来したり、連絡が取り合える時代になるとも思わなかった。

昭和の価値観のままで日本に住んでいたら、2000km以上運転するという発想も生まれずらかったと思う。

自分の経験や知見なんて本当にちっぽけなものなんです。

数十年でこんなに世の中が変わってしまうのに、これまでと照らし合わせていたら追いつかない。

もちろん、築いてきた人生のストーリーは尊くて、それらが血肉となって今の自分がいるのだけれど、私たちは誰でも、今ここから、新しい色で人生を彩る選択ができます

インターネットを使えば欲しい情報も簡単に取りに行けるし、遠くの人とつながることができる。移動のお金も昔に比べたら相当安いし、手段も様々。機械が色々やってくれるから使える時間も増えた。

だからこそ、どう在りたいのか、そのために何を選ぶのか、本当の望みを知ることが大事ですね。

便利だからこそ、自分とつながっていないと振り回されてしまいます。

 

何年も前、娘がクリスマスプレゼントは猫が欲しいと、やってきたこの子。巣立ってしまった飼い主は、今 獣医を目指して勉強中。

 

私はテレビのニュースは見ないし、SNSも苦手。目に入れるものを選んでいます。

メディアやインターネットは本当に便利で有難いけれど、あくまでも 必要なものを探したり、リアルの行動範囲を超えた知見や、出会いや人とのつながりを得るツール。

気軽に得た情報を鵜呑みにしたり、物事を判断したりするのは違うなと。

一番尊いのは、やはり実感、体感。

ネットやメディアをきっかけに、ここに行ってみたい! この人に会いたい! これを買いたい! って心と体を動したい。

行動が他人にどのように影響を及ぼすか研究した結果であるメラビアンの法則によると、目や耳からの非言語情報(見た目や口調、トーンetc) が与える影響が全体の93% ! 言語情報(話の内容)はたったの7%の割合でした。やはり、リアル&「体験」が一番伝わるようです。ブログでそう書くのは何ですが(汗)

 

本当の豊かさは、端末というバーチャルの中にはなくて、体温を持った交流の中で生まれる。

リアルな体験は、時に痛みも伴うかもしれないけど、様々な機微を味わうのが生きてるってことだと思います。

そんな価値観から、固定費や面倒な手続きがあっても、お店や、旅など、体験できる場にこだわっているし、もう一つのお店を作るために動き始めました。

 

インターネットがあるからこそ得られるものを享受して、
バーチャルではなし得ない
創造性や思いやり 感性を育てて、

理想とする世界に映し出していきたいですね✨

 

スローライフ日記

マーフィー恵子


オーストラリア・ケアンズに93年から暮らす。95年に現地情報誌を創刊、編集長を経て現在は「本当の自分を知り、生きる」を主テーマにセレクトショップ、セッション、旅、学びの場などを展開中。
● 詳しいプロフィール