8の日に。

  2016/08/08  スローライフ日記

今日はいつも寝坊の私が何故だか気持ち良く目が覚めた。意味もなく嬉しい感じ。

コーヒーを淹れてコンピューターに向かったら、最初に出て来たのが、昨年の麻炭お話会でお世話になった伊香賀さんが出演されている「還る世界へ〜麻炭の力」というドキュメンタリーのYouTube。「喜ぶ」「共存」という言葉が心に響いて響いて、うわーっと温かいものに満たされ、朝からハッピー

 

その後、何気なく目にしたFacebookの投稿(Masayoさん、いつも色んな情報提供ありがとうございます♪)で今日は8月8日だと気がつき、更にChisaさんのコメントで紹介されたウェブサイトに目を通すと。

 

この日、完全にハートの扉が開かれ、
あなたの内なる栄光の輝き、内側の太陽の光が溢れ出し、
新しい世界をつくっていく。

日本神話でいう、
天照大御神の岩戸開きのような時を迎えます。

ーーーー

宇宙は音と数字と文字で出来ており、
この8の持つ偉大な永遠性や神秘のエネルギーが
あなたのハートの中心と共鳴します。


あなたは内側に暴れ狂う獣
(恐れ、不安、怒り、悲しみ、傲慢さ)を、
愛によって手なずけることが出来ます。

あなたが新しい時代にシフトしていくため、
前進していくための愛を徹底的に注ぐためのエネルギーが
溢れる日となります。

8+8=16
16の全ての扉が開く。

Yuka Kato Official Blog様より

 

 

今日は、「愛」に共鳴する日だったのですね。。

8は、前回のブログで書いた通り、自分の誕生や名前にとても関わりが深い数字。

数秘のワークショップについて書くために8の意味をずいぶん調べたけれど、今日は朝から、純粋にエネルギーとして感じることができて幸せです。

真実は頭で理解するものでなくて、まず感じるもの

 

でも、「愛」って何なんでしょう。

定義してしまうと、型にはまってしまいそうだから、今朝のような、意味もなく何だか満たされた温かい感覚として覚えておきたい。

 

あえて自分の感覚を言葉にするならば、

受け取っていいんだよ、と包み込んでくれるもの。
既に全て用意されているという安心感。
選ぶだけでいい、とちょっと背中を押してくれるもの。
存在自体を認めてくれるもの。

 

私は瞑想もしないし、スピリチュアルなことはよく知らないけど、この感覚は休日に過ごす自然の中からもよく沸き上がってきます。(アイディアなどは、掃除中とか突拍子もない時に浮かぶことが多いかな)

 

rainforest

言葉を語らない植物や、川、岩、自然にあるもの全て。。は、とても雄弁。個性ある色や形や香りを楽しんでいると、自然の中に悦びが満ちているのを感じて、幸せな気持ちになります。

 

 

自然の中に身を置いて学ぶのは。

みんな違ってても良くて、競争があるのも普通で(基本、弱肉強食)、それぞれが自分の命を思い切り表現することで、何と美しく完璧なハーモニーが奏でられるんだろうということ。そして、絶対的な信頼が横たわる世界に、不安は今も、その先もないということ。

 

 

先日、パウチにいらしたお客様♥赤ちゃんは、いてくれるだけで本当にハッピーになりますね

 

 

ここ数日、死について話す機会が何度かあったのだけど、人間も、本来は、いるだけで周りを幸せにする存在なんだなあと胸が熱くなりました。淡々と真摯に、喜びをもって生きる、その姿が周りを癒すのだ、と。

 

Stay true to yourself.

 

個の幸せが全体の幸せにつながる。

だからこそ、私たちは

自分に正直に、自分が喜ぶ道を

選ばなければならない。

 

新しい時代にシフトする光が降り注ぐという今日、8の日に、私が想ったのはそんなことでした。この1週間は、数字が心に溢れてます!

 

 

スローライフ日記

マーフィー恵子


パウチ店主・パウチトラベル主催。オーストラリア、ケアンズに20年以上暮らしています。現地情報誌発行人を経て、現在は「ピュアな自分に還る」をテーマに活動中
● 詳しいプロフィール