ご訪問有り難うございます。マーフィー恵子です。

私が20年以上暮らしているオーストラリア・ケアンズは
雄大な世界遺産の森と海、様々な文化背景を持つ大らかな人々
そして地球最古の森の守り人〜太古から連綿と続く智慧をたたえる先住民アボリジニが、
自分らしく生きてもいいと静かに語りかけてくれる。
お互いをリスペクトしあうことが、次世代に続く在り方なのだと教えてくれる。
。。そんな、リアルな命を感じられる場所です。

1人1人から、調和の世界への道が開けると信じて。ここケアンズを拠点に、
自分らしい輝きを取り戻すきっかけと、命が響き合い高め合う循環を創れたら。。
という想いで活動しています。

Keiko Murphy(マーフィー恵子) 1967年生まれ。横浜国立大学教育学部卒。伊藤忠ファッションシステム、朝日メディアインターナショナルを経て、1993年よりオーストラリア、ケアンズで暮らし始める。

日本語情報誌「リビングインケアンズ」を1995年3月に創刊。16年間、発行人/編集長を勤め、HPは「ケアンズ」検索で10年以上トップ3にランクイン、メディアアワード受賞、オーストラリアを代表する日本語フリーペーパーとして日本の専門誌にも紹介される媒体に育てた。希望者に日本で直接配布する新タイプの現地発ガイドブックも年間2万部発行。

機内誌や日本の大手ガイドブックなどへの寄稿や、ケアンズを紹介する雑誌やテレビなどメディアのコーディネート業も行い、個人商店から大手企業、政府観光局、航空会社まで、幅広いクライアント2000社と日本マーケットを結ぶプロモーションを手掛ける。企画、デザイン、ライティング、翻訳と、ゼロから仕上げる販促物制作を生み出し、バスのペイント広告、誌面連動イベント、商品開発など初の試みも好評を得た。

編集者時代に培ったつながりから、2012年4月にケアンズ産のいいモノを自らセレクトした「パウチ」をケアンズ市内にオープン。作り手の想いを伝える地元密着型のショップに加え、2016年ネイルやセラピーができる癒しの空間にリニューアルし「自立した女性たちの共鳴・恊働」という自らが理想とするワークスタイルの場に。

現在は、店を運営しながら「ピュアな自分に還る」をテーマに ● ケアンズのツアー&リトリート企画 ● 太古から伝わるアボリジニの智慧&ケアンズ情報の発信 ●人生の青写真をひも解く「生命の樹」カウンセリングを中心に活動中。

サービス詳細

著書

「家族でケアンズ」最強ガイド (講談社)

子どもを2人育てた母親の視点からケアンズ旅行の良さをまとめた本です。エッセーや、ご家族旅行におすすめのアトラクションやホテルなどのデータ付き。

 

profile-book1

Keiko Murphy 紹介記事

profile-cairnslife

 

模索して行き着いたオーストラリア

バブル期に大学生だった私。
大学4年生の春。なぜかいきなりインドに行きたくなり、人生観がひっくり返りました
22歳の自分が漠然と抱えていた幸せの概念が吹っ飛びました。

その後の就職活動で、「我が社の歯車になってもらう」と言うような面接にすごい違和感を覚えてしまって就職せず。。

当時なりたかった教師の仕事も、教育実習で「現場に入る前に、外の世界を見たい」という気持ちが強くなってしまい、教員免許を取っただけで、採用試験を受けませんでした。

大学にはヘッドハンティングも来ていたし、一流と呼ばれる所に就職してゆく人も多くて、私何やってるんだろう。。と焦りながら日々が過ぎ。

学生時代に行ったオーストラリアで衝撃を受けたアボリジナルアートをもう一度見に行こう、とふと思い立ったのです。

 

profile-rockart

(色々な場所の壁画を訪れて感動!)

これ以上親に金銭的な迷惑をかけられないと、ワーキングホリデーを利用しました。それが1990年。まさか、オーストラリアにその後20年以上も住むとは夢にも思わず。。

ワーキングホリデービザが切れた後、日本でファンション関係やDTP制作会社で働き、1993年に結婚、移住しました。まだ25歳でした。

 

ないなら自分で作ろう、と単純な気持ちで起業。
そして16年後に終止符。

当時、ダンナが貨物船の操縦士をしていて航海に出てしまうため、1年の半分は不在。
よくわからないケアンズで、日本語の情報誌があったらいいのになあと思いました。

そういえば、日本でDTP(本や印刷物の版下をマックで作る仕事)やってた。。ということで、自分で作ることにしたのです。

何もわからず、コネもない、20代女子が起業したわけで、「外人、若い、女」の三十苦。何度泣いたかわかりません。当時は会社や団体に勤めることが普通で、インターネットもなく、今のように情報が手に入らずに相当苦労し、逞しくなりました!

 

(メディアアワードをいただいたり、日本の媒体でも紹介していただいたリビングインケアンズ、現在も進化中です)

 

オーストラリア人との考え方の違いや経営上のことなど色々なことがありましたが、編集の仕事はとても楽しくて、ケアンズのいいところを皆さんとシェアして、滞在を楽しんでもらいたい、という一心で16年が過ぎました。

 

(ありがたいことに、本も出版させていただきました

 

現地のクライアントさんには、Your Window to Japanとして、販促物の制作やイベントやコラボ企画など色々と頼まれるようになり、日本のメディア様からは、執筆や現地コーディネート、広告代理業などの依頼を受け、仕事が情報誌制作以外にも自然に広がってスタッフさんも増えました。

その間、2人の子どもを授かり。

脇目もふらず走り抜けた30代でした。

 

profile-family

 

でも、2011年、思いも寄らない変化が訪れます。

父親がガン余命宣告を受けたのです。
悩みに悩んだ末、最期の時を一緒に過ごしたい、とビジネスは手放すことに。
(チームが携わった最後のイベントは、東日本大震災のチャリティでした)

 

本当の豊かさって何だろう?

私が日本にいたのは、ちょうど東日本大震災の直後で、混沌とした、でも新しい価値観が生まれつつあった頃。自分自身はパニック障害になってしまい、色々な意味で「命」と向き合う半年間でした。

ケアンズに帰ってきて、これから何をしようかな。。と考えたとき、今の自分にできて、今まで人に喜ばれたことで、やってみたいと思えること。。で、浮かんだのがショップを創ること。

誌面から離れて、実際に人と関われる[場]、そして今思えば自分の居場所ががほしかったのだと思います。

 

 

編集者時代に、「自然と共存する」「本当に体にいいモノを少しコストがかかっても作る」「 売り易さでなくて自分の信念でモノを作る」 …といった方々の姿を見てきたので、イメージはすぐにできました。

それは、「お金を超えた本当の豊かさ」や「自分らしく誇りを持って生きる姿」を見せてくれた作り手の方たちと、上質な品を求める方々を結ぶ場。

そして2012年4月、自分の誕生日に合わせてパウチの開店に踏み出しました。

 

profile-event2

 

パウチは、不思議なことに、ヒーラーさんがふらっと立ち寄ってくださったり、お客様にもよく「ここ、癒される」とか「居心地がいい」と言われます。皆さんのご要望に応える中で、自然とワークショップを行うようになり、ネイルやアロマセラピーなどのコーナーも生まれました。

 

 

コンセプトに共感し、日本に紹介したい!と思ったモノの輸出を始めたのも自然な流れ。今は作り手さんを訪ねるツアーなど、オリジナルの旅を創ろうと考えていて、パウチは私の活動の拠点でもあります。

 

情報誌を作ったのも、お店を開いたのも、
異文化体験が「自分らしさにGoサインを出してくれる」と知ったから。

私は昔から「外の世界を見てみたい」という気持ちが強く、海外文通したり、鎌倉で外人さんをガイドしたり、旅行に行ってみたり。

「女の子のくせに」とか「経験もないのに無理」とか言われ続けてやり辛かったことも、外に出て異なる肌の色の人がそれぞれ自然に、堂々と生きている姿を見ているうちに、「自分のままでいいんだ」と思えるようになり、楽になりました。

 

 

駆け足で訪れるのも良いけれど、ここならではの空気や、文化や人々の暮らしぶりを感じて、自分の在り方の再確認だったり、日本の素晴らしさだったり。。何か響くことがあったら素敵。そんな気持ちから「ケアンズ癒しと気づきのオンラインメディア」も始めました。

紙媒体やオンラインメディアを立ち上げたのも、お店を開いたのも、根底に流れる想いは同じ。それは「ハートに響くオーストラリア異文化体験のトビラ」であること

 

ケアンズに20年以上暮らして仕事をしてきた私ができるのは、異文化に触れていただく場を提供することだと思っています。自分がそうだったように、異文化体験や、ケアンズの大自然に癒されて心を解き放ち、自分が今いるフィールドで自分らしく生きていい、と気づく方が増えたら嬉しい

 

1人1人が命を輝かしたら、本来の日本が光を放つ

何故それが嬉しいんだろう?と自分に問うたら、「日本が日本らしくあるために」という言葉が浮かびました。

2011年、全てが無くなってしまった後、伊勢神宮に初めて行きました。私のご祈祷内容は「日本復興」。何と大それた!と思いましたが、その言葉しか出てこないので仕方ありません。

海外にいるせいか、日本人の洗練さ、他を想う優しさ、許容力、勤勉さ。。様々な素晴らしさがよーくわかります。

色々な時代背景の中で忘れ去られていることもあるけれど、本来の大和魂は、それは崇高なもの。だから、私たち1人1人が自分を取り戻したら、国全体が光る

更には、女性が自分らしく輝くことが、日本、ひいては世界の平和につながると信じています。女の人が生き生きと本来の姿で周りに接していたら、家族も友達も仕事仲間も嬉しいでしょう。

それぞれが個性的なんだけど、リスペクトし合っている。共鳴しあう調和と喜びの世界。そんな理想に向かって、軽やかに、たおやかに。
この小さな町、ケアンズから自分ができることをやっていこうと思っています。

長文お読みいただき有り難うございました。ハッピーの輪が広がるよう願いつつ♥