2017/07/18  本来の自分に還る

リアルを生きる 〜 自分だけの香りが思い出させてくれる場所。

MENU

リアルで在りたい。

私たちは、ハンバーガーを頬張りながらそんな話をしました。

 

目の前には湖が広がっていて、ペリカンが群れをなし、悠々と泳いでいます。

 

「こんなに仕事で忙しいのに、なんで元気でいられるの?って聞かれることがある。

答は簡単だよ。こうして、一緒にいたい人と会話を楽しんで、目の前の風景を祝福する。それがエネルギーになるんだ」

 

 

ざざーっと水鳥が飛び立ちました。

 

 

「あのね、人生を決めるのは「姿勢」だよ。同じ風景を見ても、何もないつまんない所だと思う人もいる。

受け取らないと。目の前のできごとを。受け取ったことに感謝しないと。

感謝が人生をハッピーに導く。

幸せな人生は、自分の姿勢、つまり心持ち(Atitude)が創り出してるんだ」

 

逆に言うと、心からの感謝は、自分と切り離したところには生まれない。ありのままを受け入れないと生まれない。

 

 

どこにいても、何をみても、何をしていても。

「これが幸せ」という形はなくて。

結局、すべては自分の在り方が創り出す。

 

 

これだけの収入があったら幸せ。こんな人と結婚できたら幸せ。こんな家に住めたら幸せ。。それが叶ったとしても、しなくても、自分の心が満たされているか。感謝にあふれているか。クオリティオブライフの芯はそれだけ。

 

 

みずみずしい感性で、

目の前の人と話ができるように。

色眼鏡をかけず、そのままの風景を、

心に焼き付けられるように。

そして、同じ感謝の心で

時を共有できる人と過ごせるように。

 

 

そんなことを願いながら すするテイクアウェイのコーヒーは、冷たくなっていてちっとも美味しくなかったけれど、美しくゆったり流れる時間は、この上ない幸福感に包まれて。

 

 

 

日曜に行われていた先住民イベントのフィナーレ。祝福の光が会場を包んでいました。

 

 

 

背中に当たる午後の日射しの温かさや、ラグを広げるのに最適な大きな岩の質感や、ひんやりとした秋の風が運んでくるにおい。

 

そんなリアルな感覚を味わいたい。

それらを受け取ったときに感じる感謝を、日々の糧にしたい。

 

そして。

 

フェイクでない、いつ誰といても同じ自分を大切にしたい。

今、青空を見上げ、大地の上に立つリアルな自分を。

温かな血潮が流れる自分を。

 

 

携帯もPCもないひとときと、電磁波の飛んでいない空間が、いつも中心に戻してくれる。

 

車で少し走ると、そんな時間を持てるケアンズは、やっぱり素敵な所です。

 

 

P.S.

先日、パウチで自分の香りを創るワークショップが開かれました。

 

講師を勤めてくださったNoriさん、昨年までケアンズ在住で、ご主人の死をきっかけにブリスベンに引っ越され、自宅サロンを開業されています

今回、1年ぶりにケアンズに帰ってこられて、パウチで小顔マッサージとアロマのワークショップを。

 

 

様々なことを乗り越えた姿は、ご自分のカラーが輝いていて、輪郭がはっきりして見えました。

幼い息子さんを育てる、という覚悟がみなぎってて、でも以前にまして朗らかで人をほっとさせる笑顔。

 

 

中央がNoriさん。左はゴールドコーストでNoriさんを支援する、メンターの清美さん。ソーシャルメディアを使った集客のプロで、元アナウンサーのスキルも最大限に生かしつつ、多くの女性に勇気を与えるビーナスのような方!

 

 

狭いパウチでわざわざワークショップを開こうと思ってくださった理由を、こう教えてくれました。

 

「去年アマリンさんのアロマのワークショップに参加して、香りを嗅いでシェアした時に、思わず主人の癌が見つかったことを喋っちゃったんです。

すごく深刻な内容なのに、香りとパウチさんに集まるみなさんの安全なエネルギーがあったからつい口から出てきた感じです。

そんな心が開くパウチさんで、ワークショップができたら私の最高のスタートだなって思ってます。」

 

 

1年ぶりにお会いできて、本当に嬉しかったです。

人って、こんなにも高みに向かって進んでいけるのですね。

Noriさんの、逞しく生きる、リアルなエネルギーをお裾分けしていただきました。

 

Noriさんにアドバイスをいただきながら、創った私のオリジナルの香り。

大切に使います。

 

香りを纏う度に、いま生かされているという事実を、私は感謝とともに味わうことでしょう。

 

 

本来の自分に還る